Tabi-Letter.は旅工房から配信されています。
Tabi-Letter. TABIKOBO
「トラベルコンシェルジュの旅モノ語り。」旅慣れたトラベルコンシェルジュが、世界中を共に歩いたモノ。それは、ちょっと便利だったり、独特の工夫がしてあったり、お守りの代わりになったり…。それぞれの愛が込められた、旅のお役立ちアイテムを毎月ご紹介いたします。
写真:思わず一目惚れ。愛しのマグカップ。
【思わず一目惚れ。愛しのマグカップ。】ニューヨークのスターバックスコーヒーで見つけて一目惚れした、大きなマグカップ。「また今度買えばいいかな」とも思ったのですが、思い切って購入しておきました。限定品だったようで、もう一度訪れた時に見に行ったらもう売っていなかったのです。あのとき、買っておいて良かったなと心の中で小さくガッツポーズ。旅先でのお土産との出会いは一期一会。いまでは気になったアイテムは、すぐに買っておくようにしています。(トラベル・コンシェルジュ/アメリカセクション担当 野村充希)
トラベルコンシェルジュのわたしの世界遺産
写真:にぎやかなスペインのバル。
トラベルコンシェルジュだけが知っている、特別な景色、特別なお店、特別な時間。「わたしだけの世界遺産」をこっそりお教えします。【にぎやかなスペインのバル。】スペインで、地元の人々の日常に出会える場所といえば「バル」です。郷土料理のタパスやピンチョスなどを指さしで注文して、ビールやシェリー酒と合わせて楽しむのがツウの楽しみ方。良い感じのバルをはしごしたり、その街ならではの味わいを楽しんだり、そのにぎやかなムードや、人々の笑顔が見られるのが魅力です。もしも、スペインの生活感を体感したいときは、ぜひ訪れてみてください。(トラベル・コンシェルジュ/ヨーロッパセクション担当 中川靖之)
旅先で何よりも思い出に残っているのは、フト見つけた特別な香りだったりします。世界中の街で見つけた香りにまつわるお話を集めました。【にんにくの香りで思い出すネパールの「ダルバート」。】10代の頃、ネパールのヘタウダ村でボランティアをしていたときのこと。一緒に共同生活を送っていた地元のお兄さんたちが代表的なネパールの家庭料理「ダルバート」を作ってくれました。石臼でにんにくを叩いてつぶして香りをたてて作ってくれた、そのときの香りをいまでも忘れられません。それ以来、日本でもにんにくの香りを嗅ぐと、あのダルバートの味を思い出します。(トラベル・コンシェルジュ/南アジアセクション担当 品田朝美) トラベルコンシェルジュの旅は香りに誘われて
ワインの旅へ
ワインはお好きですか?ワインがお好きな方も、これから好きになる方にもおすすめな、ワインにまつわるお話を毎号特集いたします。【一度は訪れたい、大人のワンダーランド】アメリカを代表するワインの産地。サンフランシスコから車で約1時間と、交通の便も良いです。「大人のワンダーランド」と呼ぶ人もいるくらい、ワインやお酒が好きな方にとっては最高に楽しい夢のような場所です。晴れ渡るカリフォルニアの真っ青な空の下に広大なぶどう畑。日本でも有名な「オーパス・ワン」のワイナリーを始めとして、300を超える個性的なワイナリーがあります。多くのワイナリーでテイスティング(ほとんどが有料で10ドル〜30ドル)を楽しむことができます。ぶどう畑の中を走り抜ける「ワイン・トレイン」や、気球などのアクティビティを楽しむこともできます。
詳細はこちら
公式サイト トラベル・コンシェルジュの紹介 読者限定クーポン 旅を綴る雑誌「Destination.」
2014.2.8
Tabi-Letter.の登録と解除について
■本メールマガジンは旅工房ニュースレターを購読登録したお客様、弊社をご利用になられたお客様で、情報配信を承諾いただいたお客様のみに自動配信しております。
登録した覚えがないのにメールが届く場合は、大変お手数ですが解除手続きをご自身で行っていただくか、
info@tabikobo.comまでご連絡ください。
■メールマガジン配信停止についてはhttps://www.tabikobo.net/magazine/までお願いいたします。
※ご入力の際は、十分ご注意いただきますようお願いいたします。
■ご連絡・お問い合わせは、info@tabikobo.comまでお願いいたします。
TABIKOBO 20TH ANNIVERSARY